万華鏡の愛好者、万華鏡作家、万華鏡販売店の集まり 「日本万華鏡倶楽部」 HOMEサイトマップお問い合わせ
日本万華鏡倶楽部
日本万華鏡倶楽部
.日本万華鏡倶楽部の情報日本万華鏡倶楽部の情報
.万華鏡の情報万華鏡の情報
読み物読み物
.サイトの情報サイトの情報
万華鏡倶楽部とは?
万華鏡倶楽部の活動
入会方法
お知らせ
日本万華鏡博物館
日本万華鏡大賞
万華鏡大賞応募要綱
手作り教室
会員による展示会
万華鏡の本
エッセイ“私と万華鏡”
今田ご夫妻を悼む
リンク
更新履歴
Q&A掲示板
作品自慢掲示板
サイトマップ
このサイトについて
HOME > 万華鏡の情報 > 万華鏡の本
万華鏡の本

万華鏡博物館
一冊まるまるが”世界一小さく、日本一楽しい”日本万華鏡博物館の本です。

定価:3,050円(税別)

*:本屋さんには置いてありません。

購読希望の方は、下記住所までお申し込みください。
(郵送の場合、税・送料込みで別途490円が必要となります)

(株)ベアーズ・日本万華鏡博物館
〒150-0032 渋谷区鴬谷町7-1 渋谷マンション310
TEL:03-3463-6916
FAX:03-3463-6917
 
「万華鏡の本 増補版」外観
 
詳細は?
  • ”学んで・作って・見る”日本万華鏡博物館10年の歴史と、希少コレクションの
    万華鏡ストーリー
  • 日本を代表する万華鏡作家・山見浩司、角敏郎、依田満・百合子夫妻による
    万華鏡鼎談と、日本万華鏡大賞展で活躍する万華鏡クリエーターの
    万華鏡への熱き想いが満載!!
  • 万華鏡の基本って何?
 
Contents
第1章:万華鏡の?と!
  なぜ万華鏡をコレクションしたのか?なぜ万華鏡博物館が出来たのか?
  

第2章:日本万華鏡博物館のお宝集め(コレクターとしての”物集め考”
  科学から誕生した万華鏡は、その全てがパーフェクトだった!
  長さ31mmの宝石万華鏡って?! 琳派流水紋のある万華鏡??


第3章:万華鏡で町おこし・滋賀県長浜市黒壁
  国友一貫斎をしっていますか? 高さ8mmの巨大万華鏡
  

第4章:世界で唯一、万華鏡だけのコンテスト・日本万華鏡大賞展
  科学としての規則性、アートとしての美しさ、おもちゃとしての楽しさ、
   面白さを持った万華鏡が、グランプリに輝く

第5章:日本万華鏡大賞展 中国・北京へ
  光之花火、万花筒的神奇

第6章:万華鏡を作るクリエーターたち
  尾崎百々花、細井厚子、若林寛、江角陸、中里保子、梅沢克美、永山勇、
  切敷章、中村和正/ミヱ子、田村愼一、大石光興、中村明攻/あや子

第7章:万華鏡の現在・未来、そして人生最後の万華鏡とは?
  山見浩司、角敏郎、依田満・百合子による ”万華鏡鼎談”

第8章:万華鏡の基本
  万華鏡は何枚の鏡を使うの? 長さは何cmがいいの?
  4628億8089万9576年!  12月11日は万華鏡の日

第9章:万華鏡カレンダー
  2003年からの日本万華鏡倶楽部の活動を覗くと・・・・・・

第10章:日本万華鏡図書館
  「万華鏡」がタイトルに付いた本や、万華鏡が出てくる本をコレクションする

あとがき


万華鏡の本 増補版
定価:3,500円
*:本屋さんには置いてありません。日本万華鏡博物館の産地直販です。

購読希望の方は、下記住所までお申し込みください。
(郵送の場合、税・送料込みで別途500円が必要となります)

(株)ベアーズ・日本万華鏡博物館
〒150-0032 渋谷区鴬谷町7-1 渋谷マンション310
TEL:03-3463-6916
FAX:03-3463-6917
 
「万華鏡の本 増補版」外観
 
詳細は?
  • 日本万華鏡倶楽部代表で、日本万華鏡博物館館長の大熊進一が執筆、日本万華鏡倶楽部が監修しました。
  • 万華鏡を知的探検した日本初の本です。
  • 日本の万華鏡作家、山見浩司、角敏郎、依田満・百合子、原田朋子、中村明功・あや子、細野朝士、石井真弓、岩淵晃を紹介。
 
Contents
第1章:万華鏡物語
  クジラが跳ねて万華鏡
  鏡の向こう側を覗くと不思議な宇宙があった
  気がつけば日本一の万華鏡コレクター
  日本万華鏡倶楽部誕生
  科学技術館で万華鏡を作って
  夏休みの宿題を完成させよう
  万華鏡誕生の地を歩く
  ブリュースターの生まれた町と終焉の地
  万華鏡は「ホームアローン」に出演していた
  98年9月世界で一番小さく日本で初めての「日本万華鏡博物館」オープン
  日本に万華鏡を伝えたカピタンはブロンホフ?!
  流れる時間を見る
  百色眼鏡と万華筒と万華鏡
  オキュパイド・ジャパンという国で作られた万華鏡
  コージーさんのカレイドスコープ・ハウスを訪ねる


第2章:万華鏡辞典
  万華鏡の種類、オブジェクト、ミラーシステム
  万華鏡の作り方、ブリュースターの法則


第3章:日本万華鏡作家はかく語りき
  万華鏡を覗くと誰もが幸せになれる・・・山見浩司
  三角の中で無限に広がる自分・・・角敏郎
  万華鏡を見て喜ぶ瞳には未来が見える・・・依田満・百合子
  手のひらサイズの宇宙「万華鏡」と出会って・・・原田朋子
  万華鏡は最も身近なリゾート!・・・中村明功・あや子
  自分が一番やりたいことをしながら生きていきたい・・・細野朝士
  人を感動させられる万華鏡を作りたい・・・石井真弓
  人間の本質的な部分をくすぐる万華鏡・・・岩淵晃


第4章:カレイドスコープ・タウン企画案

第5章:万華鏡情報
  日本万華鏡倶楽部活動報告
  日本万華鏡倶楽部手作り教室
  世界で最も小さく、日本で初めての「日本万華鏡博物館」が誕生します
  六本木万華鏡物語
  万華鏡の店情報
  筆者紹介


万華鏡物語PART2
 
万華鏡の本
定価:3,500円
*おかげさまで、完売いたしました。どうもありがとうございます。
 
「万華鏡の本」外観

 
HOMEサイトマップお問い合わせ